軽井沢商事株式会社 > 軽井沢商事 株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 高齢者の賃貸借契約の特徴と審査についてご紹介

高齢者の賃貸借契約の特徴と審査についてご紹介

カテゴリ:軽井沢商事日記

高齢者の賃貸借契約の特徴と審査についてご紹介

高齢者の方が、賃貸物件に入居したい場合、制限などがあり

スムーズに進められないこともあるようです。


とはいえ、どうしても賃貸物件に入居したい方もいるでしょう。
ここでは、高齢者の方が賃貸借契約する際の審査や対策などについてご紹介します。



弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸借契約の入居制限について


賃貸物件に入居したい方は年齢問わず多いと思いますが、

なかなか難しい場合もあるようです。


高齢者の場合、スムーズに賃貸借契約が進まないことが多く見られます。
全体的に見ると、大家さんの半数以上が、

高齢者の入居に対して肯定的ではありません。


年齢を見ると、60代くらいであれば比較的スムーズに契約できるようですが、

70代以上になると難しくなる傾向があるようです。


年齢制限がある賃貸物件はあまり多くはありませんが、

70代以上の方は簡単ではないと思っていたほうが良さそうです。


賃貸借契約の審査について


全体的に見て、高齢者の方は審査に通りにくい傾向があります。


その理由は、先にご紹介しているように、

大家さんがあまり肯定的ではないことがあげられます。


認知症など健康上の心配をはじめ、近隣トラブルや孤独死など、

いろいろなリスクがあるため審査が難しくなるのです。


なんらかの理由で、こういった高齢者のトラブルが発生してしまうと、

場合によってはほかの入居者が出ていってしまうことも考えられます。
それは、大家さんにとって不本意なことです。


また、仕事をしていない方も多いため、家賃の支払いが滞るのではないか

といった心配があることも理由の一つです。


大家さんにとって一番気になる点が、家賃をきちんと

支払ってもらえるのかということです。

そのため、収入がない方に不安を感じるのです。


賃貸借契約を可能にするための対策について


高齢者の方が賃貸物件を契約するのは容易ではないため、

幅広い選択肢のなかから選ぶ心がまえが必要です。


高齢者向け賃貸物件に申し込んでみるのもおすすめです。


また、自治体の高齢者向けの賃貸保証制度を利用するのも対策の一つです。
可能であれば、お子さんが契約するのも良いでしょう。


いずれにしても、健康や経済面で問題がないことをアピールしながら、

幅広い視野で探すのが対策のポイントです。


まとめ


高齢者の方が賃貸借契約をおこなうのは、簡単ではありません。


具体的な年齢制限をもうけているところはあまり多くはないようですが、

70歳を超えると難しくなる傾向が見られます。


対策としては、幅広い選択肢のなかから選ぶことと、

健康や経済面で問題がないことをアピールすることです。



私たち軽井沢商事株式会社では、軽井沢町周辺の

賃貸物件情報を多数取り揃えております。


不動産をお探しの方は、お気軽にお問い合わせくださいませ ♪


弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓


弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|不動産管理における賃借人の高齢化のリスクと対策について   記事一覧

トップへ戻る