軽井沢商事株式会社 > 軽井沢商事 株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 賃貸物件をリノベーション!知っておきたい費用の相場とコスト対策

賃貸物件をリノベーション!知っておきたい費用の相場とコスト対策

カテゴリ:軽井沢商事日記

賃貸物件をリノベーション!知っておきたい費用の相場とコスト対策


賃貸物件を所有されている方であれば、その賃貸物件のリノベーションについて

一度は考えたことがあるのではないでしょうか。

ここでは、賃貸物件のリノベーションにかかる費用の相場や、

さらに費用を安く抑えるための対策などについてご紹介していきます ☆


弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸のリノベーションにかかる費用はどのくらい?場所別の相場について


一口にリノベーションといっても、内装をいじるだけのものから

大がかりな工事が必要なものまでさまざまです。

経年劣化の激しい水回りは定期的なリノベーションが必要とされますが、

トイレであれば10万から30万、浴室は浴槽の交換で10から50万、

システムキッチンの交換でも最大100万円ほどあればリノベーションできます。


バランス釜の浴槽や和式のトイレはそれだけで入居者の選択肢から外されがちです。

それで空室の状態が続くよりは、リノベーションをして

その費用を家賃で回収することを考える方が賢明でしょう。

同様に和室も敬遠されがちなので、洋室にリノベーションしてしまうのも効果的です。

畳をフローリングにする場合は1畳あたり3から5万円程度が相場だとされています。


また、最近は壁の少ない解放的な間取りが人気の傾向にありますが、

壁を取り払うなどして間取りを変える場合には、80から160万円ほどの

費用が必要だと考えておきましょう。(約30平方メートルの部屋の場合)


賃貸のリノベーションで損をしないために!費用対効果を高める対策とは


では、賃貸物件の価値を高める効果的なリノベーションを、

少しでも無駄な費用を抑えて実施するためにはどんな対策があるのでしょうか。

近年増えてきているのが、リノベーション業者が提案する「定額制」です。

リノベーションを細かくパッケージ化して費用を明確にしているため、

家主側はそれを選ぶだけ。

予算の管理がしやすく、あとから余分な上乗せが発生しないので安心です。

また、最近はインターネットの動画サイトでリノベーションの方法を

丁寧にレクチャーしてくれる映像も増えています。

DIYが人気を集めていることもあり、趣味と実益を両立させながら

自らリノベーションに取り組む家主の方も多いようです。

さらに「充実した収納スペース」「解放的な空間」「デザイナーズ風の内装」など

入居者のターゲットを絞ったり、世間一般の需要をしっかりくみ取った

リノベーションを心がけるのも、費用対効果の対策には有効だといえます。


おすすめ|リノベーションに挑戦物件一覧

まとめ


空室の解消や家賃アップなど、賃貸物件の価値を高めるためには

定期的なリノベーションが必要不可欠です。

とはいえ、やみくもに費用をかけてもかえって損をしてしまう場合もあります。

しっかりと知識を付けたうえで、投資対効果のいい

リノベーションを目指していきたいですね (^^)


私たち軽井沢商事株式会社では、軽井沢・御代田周辺の賃貸物件情報を

多数取り揃えております。

お引越しを検討されていましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ ♪

住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|メリットだけじゃなかった?「南向き」の賃貸物件の特徴とは   記事一覧   冬の軽井沢に定住する際の物件選びのポイント! 寒い環境でも快適に暮らすために|次へ ≫

中山千恵 最新記事



中山千恵

皆様の軽井沢での生活が安心して楽しく暮らせるよう、お手伝いさせていただきます (^^)

スタッフ情報を見る

トップへ戻る