軽井沢商事株式会社 > 軽井沢商事 株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 高齢者に入居してもらうことのメリットと安心して賃貸するための注意点

高齢者に入居してもらうことのメリットと安心して賃貸するための注意点

カテゴリ:軽井沢商事日記



少子高齢化が進んでいる日本では、高齢者を入居者の対象から外すとやがて経営が行き詰まる可能性があります。


しかし賃貸オーナーのなかには、高齢者を入居させることに消極的な方が多いようです。



この記事では、高齢者に部屋を賃貸するメリット安心して賃貸するための注意点をご紹介します。



高齢者に入居してもらうことのメリットと安心して賃貸するための注意点






高齢者に部屋を賃貸するのは安心?どんなメリットがあるの?



高齢者に部屋を貸すことに対して、なんとなくネガティブなメージを持つ賃貸オーナーが多いようですが、

実際には高齢者が入居することによって得られるメリットは多くあります。



一般的に高齢者は、すでに退職して職に就いていない方が多いため転勤などもなく、

いったん入居すると、長く住んでもらえる可能性が高いことが特徴です。



また年金などで安定した収入があり、真面目な人が多いことから、家賃の滞納の心配もあまりありません。


退去と滞納のリスクが低いことは、賃貸経営には大きなメリットといえるでしょう。



さらに高齢者は大きな音を出して騒ぐ、あるいはゴミ出しのルールを守らないなどの入居ルールの違反が少なく、

しっかりとルールを守って暮らしてくれる人が多いことも特徴です。



このように高齢者に住んでもらうことは、賃貸経営をしていくうえでは、多くのメリットがあるでしょう。




安心して高齢者に部屋を貸すための注意点




ここからは、安心して高齢者に住んでもらうための注意点をご紹介します。


高齢者に部屋を貸すときには可能な限り本人と直接会って、どういった人かを確認するようにしましょう。



引きこもることなく近所とコミュニケーションをとれるような社交的な高齢者であれば、

なにかあったときでも近所の人がすぐに気づく可能性が高くなるので安心です。



また契約をするときには、定期借家契約にしておくことをおすすめします。


契約したときには問題がなくても、今後認知症や持病が悪化して生活が困難になることは十分考えられます。


そうなったときに、定期借家契約にしておけばあらかじめ定めた期間で契約を解除できます。



契約が切れる時点で再度面談を行い、健康状態などをよく確認したうえで、

問題がなければ再度契約するとよいでしょう。



さらに入居にあたって保証人を見つけられない場合には、家賃保証会社を利用する

などしてリスクに備えておくことも必要です。



こういった注意点に気をつけておけば、高齢者に入居してもらっても安心できますよ。




まとめ




高齢者に部屋を賃貸するメリットや、入居してもらうときの注意点をご紹介しました。


高齢者だからという理由だけで入居を断るのではなく、これからの経営対策として、

どうすれば受け入れられるのかを前向きに考えていくことがおすすめです。



私たち軽井沢商事株式会社では、軽井沢・御代田周辺の賃貸物件情報を多数取り揃えております。

 

お引越しを検討されていましたら、お気軽にお問い合わせください(^^)





≪ 前へ|はじめての賃貸経営はなにからはじめる?賃貸の経営基本と必要な費用   記事一覧   リノベーション済み賃貸にはメリットがたくさん!デメリットもあるの?|次へ ≫

中山千恵 最新記事



中山千恵

皆様の軽井沢での生活が安心して楽しく暮らせるよう、お手伝いさせていただきます (^^)

スタッフ情報を見る

トップへ戻る