軽井沢商事株式会社 > 軽井沢商事 株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 空室対策はこれ!ペット共生型で差別化を図る

空室対策はこれ!ペット共生型で差別化を図る

カテゴリ:軽井沢商事日記




 空室対策はこれ!ペット共生型で差別化を図る

 



 賃貸物件を運営するオーナーのなかには空室が多く困っている方も少なくないのではないでしょうか。

 


 賃貸運営には、空室は死活問題。

 


 できる限り、空室は作りたくないところです。

 


 空室対策のためにはいくつかの方法がありますが、


 その中の1つの方法として他の賃貸と差別化を図るというものがあります。

 


 今回は、差別化を図る方法の一つとして、「ペット共生型」の賃貸にするというものをご紹介します。

 


 現在空室対策に奮闘しているオーナーさんは是非参考にしてみてくださいね (^^)


 




空室対策 ペット共生型賃貸物件で差別化!





ペット共生型賃貸物件





 ペット共生型の賃貸物件にすることで、他の賃貸と差別化が図れるだけでなく


 住人が集まりやすい傾向にあります。

 


 ここでは、ペット共生型の賃貸物件の特徴についてご紹介します。

 


 まず、ペットと共生するための内装や設備にそのような工夫がしてあるのか、


 「ペット可」賃貸物件との違いについて見てみましょう。

 



 <ペット可との違い>



 ペット共生型の賃貸物件の特徴はその名の通り、ペットと一緒に暮らすことができるというものです。

 


 内装や設備など、ペットと一緒に暮らすことを前提として作られています。

 


 ペット可物件というのもありますが、こちらは基本的にはペットと暮らすことを考えて作られたもの


 ではないため、内装や設備などはペット共生型の賃貸物件に劣る場合が多く見られるのです。

 


 オーナーとしてペット共生型賃貸物件を運営するのであれば、


 ペットが暮らしやすい設備を考えてあげると住人に喜ばれるでしょう。

 



空室対策 物件の差別化 「ペット共生型」

にすることでこんなにもメリットが!




 また、空室対策としてペット共生型にする場合メリットも多くあります。

 


 現在空室対策でどのような対策方法を講じるべきか悩んでいる方は、


 是非取り入れてみてはいかがでしょうか。

 



 <メリット>



 ペットが暮らすことを考えられているため、飼い主も安心して暮らすことができます。

 


 具体的には、ペットを飼うとトラブルに発展しやすい「騒音問題」。

 


 これについても、きちんと防音対策が施されているため


 トラブルに発展する可能性は非常に少なく、住民同士の関係性も円満に保たれます。

 


 トラブルに発展することなく、またペットも暮らしやすい環境が整っているため


 住人が長く住んでくれる可能性も高いというメリットがあるのです。

 


 他の物件との差別化もできるため、まさに一石二鳥となっています。



 

まとめ




 賃貸物件の空室対策の一つの方法として、ペット共生型にするというものをご紹介しました。

 


 ペットを飼いたいという人は多くいるにもかかわらず、ペットを飼える賃貸はまだまだ少ないのが現状。

 


 早いうちにペットを飼える環境を整えて、空室対策をするのがおすすめです ♪




   軽井沢、御代田周辺の賃貸物件や売買物件をお探しの方は、


   軽井沢商事株式会社までお気軽にお問い合わせくださいませ ☆

 





≪ 前へ|賃貸に住むなら角部屋がいい?角部屋のメリットとデメリットとは   記事一覧   賃貸物件にシロアリが出たら一体どうする?効果的な対処法とは?|次へ ≫

中山千恵 最新記事



中山千恵

皆様の軽井沢での生活が安心して楽しく暮らせるよう、お手伝いさせていただきます (^^)

スタッフ情報を見る

トップへ戻る