軽井沢商事株式会社 > 軽井沢商事 株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 賃貸マンション経営のポイントは不動産会社の選び方にあり!

賃貸マンション経営のポイントは不動産会社の選び方にあり!

カテゴリ:軽井沢商事日記

賃貸マンション経営において、物件の管理をおこなう不動産会社などの管理会社は数十年の経営期間をともにする大事なパートナーです。

 

しかし、なかにはトラブルを起こしたり業務内容が不十分であったりして、不動産会社に不満を抱いている物件のオーナーもいるかもしれません。

 

この記事では、賃貸マンション経営をおこなうオーナーに向けて、不動産会社の重要性やトラブル事例などのポイントを紹介します。

 

賃貸マンション経営のポイントは不動産会社の選び方にあり!


賃貸マンション経営のポイントとなる不動産会社とのトラブル事例

 

不動産会社とのトラブルで代表的なものが、部屋の空室問題です。

 

空室があればその分家賃収入が減ってしまうため、オーナーにとっては深刻な問題となります。

 

空室が出た際の対応も不動産会社の仕事の1つですが、ここでポイントとなるのが不動産会社は家賃ではなく、賃貸マンション経営をおこなうオーナーからの管理委託料などで収益を得ている点です。

 

そのため、なかには空室を放置したままアドバイスなども行わない会社が出てくるのです。

 

そのような会社は、自社の利益に直結しない業務はすべて二の次とする傾向があります。

 

空室対応だけでなく、入居者の入退去などの報告にタイムラグがあるなど、信用できない態度をとっている場合は要注意です。

 

さらに悪質な場合、入居者から預かった家賃を自社の資金繰りのために使い、家賃の送金が滞るケースも発生しています。

 

このような場合は、早急に委託先を変更してしまうことがポイントです。

 

賃貸マンション経営のポイントとなる不動産会社の重要性とその管理内容

 

本来、不動産会社は物件の管理を代行してくれる、非常に頼りになる存在です。

 

多角的な賃貸マンション経営や、別の分野でも事業を行っているオーナーの場合、自分で物件の面倒まで見るのは不可能と言っても過言ではありません。

 

そのようなオーナーのために、不動産会社は入居者や内装工事業者との交渉など、幅広い業務を行っています。

 

本来、賃貸マンション経営をおこなうオーナーは家賃の集金および建物の管理業務として、地道な作業を自ら行わなければなりません。

 

たとえば、水漏れなどに対する入居者のクレーム対応や共有部分の掃除、入居者が退去した際のハウスクリーニングの手配などです。

 

長い目で見た不動産の資産価値は、このような業務の積み重ねにも左右されます。

 

このように、管理業務は物件の状態を考えるうえで重要なポイントとなりますが、不動産会社によって対応している業務内容は異なるのが現状です。

 

対応がずさんであったり、元々請け負っている業務が限られていたりする場合は、変更も有効な選択肢の1つとなります。

 

まとめ

 

賃貸マンション経営において、不動産会社は地道な業務を一手に引き受けてくれる、非常に頼りになる存在です。

 

しかし、なかには請け負っている業務内容が他社と比較して少なかったり、家賃送金の延滞などかえってトラブルを引き起こしたりする会社もあります。

 

そのような場合は、ポイントを押さえて効率良く賃貸マンション経営をするためにも、パートナーとして信頼できる会社に委託先を変更してしまう方法も有効です。


軽井沢、御代田周辺で賃貸マンション経営を検討中の方は、軽井沢商事株式会社にお気軽にお問い合わせください。

≪ 前へ|一戸建て賃貸は子育て世帯におすすめ!メリットや注意点をご紹介   記事一覧   アパート経営は清掃が大切!管理会社を選ぶポイントを紹介!|次へ ≫

土屋克子 最新記事



土屋克子

沢山の笑顔を作り出せるような仕事がしたいです!

スタッフ情報を見る

トップへ戻る