軽井沢商事株式会社 > 軽井沢商事 株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 賃貸物件の管理費って必要?その意味とは?管理費の基礎知識をご紹介!

賃貸物件の管理費って必要?その意味とは?管理費の基礎知識をご紹介!

カテゴリ:軽井沢商事日記




 賃貸物件を探しているときに、不動産情報の物件概要などでよく目にする「管理費」

 


 この管理費は、家賃以外に毎月数千円の費用がかかります。

 


 賃貸物件を借りている方の中には、管理費の意味や必要性について


 あまり深く考えずに毎月何気なく支払っているという方も多いと思います。

 


 では、管理費とはそもそもどういうものなのか、


 本当に必要な物なのか、そしてどのように使われているのでしょうか?

 


 今回はそんな賃貸物件の管理費について、その意味や使用用途などの基礎知識をご紹介します!




 

賃貸物件の管理費の意味と必要性とは?

 




賃貸物件の管理費って必要?その意味とは?管理費の基礎知識をご紹介!





 賃貸マンションや賃貸アパートには、入居者の居住スペース以外に廊下や階段、


 エントランスやエレベータなど、入居している住人全員が共有しているスペースがあります。

 


 これらのことを「共有部分」と言いますが、これらを維持・管理


 していくための費用が管理費なのです。

 


 管理費には共有部分の清掃代や設備の点検費なども含まれており、


 その年間費用を住戸数・月割にして入居者が支払うようになっています。

 


 オーナー自身が物件を管理している場合を除いて、賃貸物件の管理を不動産会社や


 管理会社に任せているオーナーが多いので、管理費はその費用として運用されています。




 

賃貸物件の管理費って必要?

管理費はあり・なしどっちが良い!?

 




 賃貸物件を探していると、物件の中にはまれに管理費がないものも目にします。

 


 毎月の費用のことを考えるとできれば管理費がない方が良い気がしますが、


 管理費はあった方がいいのか、ない方がいいのかどっちが良いのでしょうか。

 


 例えば、家賃80,000円・管理費5,000円の物件Aと家賃85,000円・管理費なしの物件Bがあった場合


 で考えると、オーナーが毎月もらえる金額及び入居者が支払う金額はどちらも同じです。

 


 しかし、借りる側から考えると初期費用に違いが出てきます。

 


 初期費用でかかる礼金がどちらも2ヶ月とした場合、物件Aは家賃80,000円の2ヶ月分つまり160,000円、


 一方物件Bは家賃850,000円の2ヶ月分で170,000円となり、管理費なしの物件Bの方が高くなるのです。

 


 毎月支払う額が同じで管理費があるのとないのではどっちがお得かな?


 と考えた場合、管理費があった方がお得と言えます。

 


 補足ですが、管理費なしの物件の場合、初めから家賃の中に管理費分を含んでいる場合があります。

 


 毎月もらえる家賃の中から、物件管理費用を運用しているのです。

 


 しかし、管理費なしの物件で注意が必要なのが本当に「管理されていない」という場合です。

 


 古い物件に多いのですが、その場合はトラブルになりかねませんので、


 物件を検討する際は管理形態などを事前にきちんと確認することが大切です。

 




まとめ

 




 家賃とは別に管理費が設定されていたとしても、実際に毎月支払う金額は合計で考えます。

 


 お部屋探しの際は、管理はどのようにされているのかをきちんと確認さえすれば、


 管理費自体はあまり大きな問題ではないと言えるでしょう。

 



 

 私たち軽井沢商事株式会社では、軽井沢町・御代田町の賃貸物件をご紹介しております。

 

 お部屋探しに関するご相談も承っておりますので、お気軽にご相談ください ☆









≪ 前へ|室内と室外で違う?賃貸の照明の電球は誰が交換するものなの?   記事一覧   引越し前はハザードマップをチェック!調べる方法や上手な活用方法|次へ ≫

中山千恵 最新記事



中山千恵

皆様の軽井沢での生活が安心して楽しく暮らせるよう、お手伝いさせていただきます (^^)

スタッフ情報を見る

トップへ戻る