軽井沢商事株式会社 > 軽井沢商事 株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 不動産管理オーナーの悩みとは?空室やキャッシュフローでの悩みがある

不動産管理オーナーの悩みとは?空室やキャッシュフローでの悩みがある

不動産管理オーナーの悩みとは?空室やキャッシュフローでの悩みがある


不動産オーナーになり、物件を管理するとなれば、入居者がいない、

入居者が家賃を滞納するなどの悩みが出てきます。


不動産投資をしたからといって、順風満帆に家賃収入が入り、

安定した収入を得られるとは限りません。


物件を管理する上で、それらの悩みはどのように対処していけばいいのでしょうか?


弊社へのお問い合わせはこちら

投資した不動産の空室の悩みと対処方法とは?


空室に悩む不動産オーナーは多いです。

入居者がおらず空室ができれば、家賃収入が入ってこないので、

空室は改善したいものです。


●管理会社に依頼しても入居者が決まらない
●退去後の部屋の空室が長い期間続く
●空室が増えて家賃収入が減る


空室が発生する原因はいくつかあり、入居者にとって魅力のない物件だと、

なかなか借り手は決まりません。


立地が悪い物件や狭い物件、建物の状態が悪い物件は、空室が発生しやすいです。

立地が良くても、部屋が狭い、建物が汚いような物件は入居者が去りやすいです。

物件の空室対策


立地は変更することができないので、建物を改善して魅力ある物件にします。

まずは、汚れや不具合のある部屋ならば、掃除して修繕します。

狭い部屋を広くするにはお金がかかり簡単にはできませんが、

部屋に設備を設置し、魅力ある物件にはできます。


リノベーション工事によって、シャワーブース、オープンクローゼット

などを設置し、他の物件との差別化を図ります。


設備が新しくなるため、物件自体の価値もあがります。


投資物件のキャッシュフロー悪化の解決方法


家賃収入が入るようになっても、キャッシュフローが悪く、

手元にお金が残らないと悩む不動産オーナーもいます。

●ローン返済額が多い
●家賃が下がって家賃収入が減った
●ランニングコストが高い


築年数が古くなるほど、物件の家賃は下がるので、

キャッシュフローは悪くなりやすいです。


住宅ローンを使って不動産に投資すれば、毎月の返済額が多く、

家賃収入を上回るときもあります。

ローン返済を負担にしないための対策


住宅ローンを使い不動産に投資するときは、借入金利を抑えると、

毎月の返済額を少なくでき、ローンの負担を減らせます。


すでに住宅ローンを組んだならば、借り換えを検討します。


年収や他社借入件数などにもよりますが、

審査次第では低金利のローンに借り換えられます。


まとめ


不動産に投資すると、入居者の対応から物件の管理に至るまで、

不動産オーナーが行うことは多いです。


物件を管理していくとなると、空室が多い、

キャッシュフローが悪いなど悩むこともしばしば。


それぞれの悩みについては今回ご紹介したようにいくつか改善方法もありますので、

ぜひ参考にしていただき、安定した家賃収入に繋げましょう (^^)



私たち軽井沢商事株式会社では、

軽井沢・御代田周辺の賃貸物件情報を多数取り揃えております。


お引越しを検討されていましたら、お気軽にお問い合わせください。


住まいをお探しの方はこちらをクリック↓


弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|賃貸物件で風水的によいお部屋とは?今日からはじめられる簡単風水もご紹介!   記事一覧

トップへ戻る