軽井沢商事株式会社 > 軽井沢商事 株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 安定した賃貸住宅経営のために!入居者マナーのトラブル事例と対処法とは?

安定した賃貸住宅経営のために!入居者マナーのトラブル事例と対処法とは?

カテゴリ:生活トラブル




 賃貸住宅経営を続けていると、決してマナーがよいとは言えない


 入居者に、頭を悩ませる賃貸住宅オーナーも少なくありません。

 


 一部のマナー違反によって、優良な入居者まで退去に至る事態は避けたいですね。

 


 この記事では、よくあるトラブルや有効な対処法など、早期解決に役立つ情報を解説します。





騒音 マナー





入居者のマナーが賃貸経営の悩みの種!

よくあるトラブルの事例とは?




 最初は小さなクレームも、後々、入居者同士の大きなトラブルになってしまうケースがあります。

 


 安定した賃貸住宅経営のためにも、クレームになりやすいポイントや実際によくある


 トラブルとはどんなものがあるかを把握しておくと、早期に対処法を検討しやすくなりますね。

 


 よくある事例では、「騒音」に関するマナーが問題となる場合が多く見られます。

 


 ある入居者が夜間に友人を招いていたら、


 隣や下の階の住人が騒音と感じ、壁や天井を叩いて応酬する事例などです。

 


 入居者の誰もが利用する「ゴミ出し」も、問題になりやすいポイントです。

 


 分別していない、収集日や時間を守らないなどの基本的なマナーをはじめ、


 共用部分の集合ポスト用に置いていたゴミ箱に生ゴミを捨てる


 などの事例もあるので、ゴミ置き場以外の場所にも注意を払いましょう。

 


 「喫煙」に関するマナーが、トラブルになることもあります。

 


 タバコのにおいがベランダから入ってくると苦情になったケースや、


 火の始末が悪くボヤ騒ぎに発展した事例もあります。

 


 安全面からも十分に注意喚起が必要です。

 


 また、「ペット」をめぐる問題も珍しくありません。

 

 「ペット不可」の賃貸住宅でこっそりと飼育するケースや、


 入居者確保のために途中で「ペット可」に変更した物件は、


 先にいた入居者とトラブルになりやすいので、とくに注意しておきたいですね。



 

賃貸住宅オーナーは要チェック!

マナー違反をする入居者への対処法とは?




 マナーに関する基本的な問題の多くは、「注意」によって入居者が改善してくれます。

 


 注意は書面やメールでおこない、入居者間での争いを防止するために、


 苦情を申し出た側の名前などは伏せておきます。

 

  掲示板での注意喚起もよいでしょう。

 


 改善が見られない場合は、保証人や連帯保証人に連絡をとるなどの対処法もあります。

 


 とくに学生や若い入居者は、保証人になっている親から改善を促してもらうのも有効です。

 


 しかし、どのような対処法でも改善しない場合や


 トラブルの内容によっては、毅然とした対応が必要になる場合もあります。

 


 最終手段として、賃貸契約書を確認して契約解除の交渉や手続きをとるケースや、


 トラブルによっては警察へ連絡するような事例もあります。

 


 いずれのトラブルでも、優良な入居者に安心感を与え、


 退去を防止するためには「すばやい対処」が重要です。



 

まとめ




 賃貸住宅とは「集合住宅」であるため、さまざまな入居者が集まります。

 


 日頃から入居者との良好な関係を築いておくことも、


 「迷惑になることはやめておこう」など、自発的にマナーを守る心理を働かせます。

 


 一見、マナー違反の対処法とは見えないコミュニケーションでも、信頼関係を築くためには大切です。

 



   軽井沢、御代田周辺の賃貸物件や売買物件をお探しの方は、


   軽井沢商事株式会社にお気軽にお問い合わせくださいませ☆








≪ 前へ|賃貸OK!DIYに100均グッズのリメイクシートを使ったアイディア集   記事一覧   メリット多数!安心できる不動産管理のための防犯カメラ設置のススメ|次へ ≫

中山千恵 最新記事



中山千恵

皆様の軽井沢での生活が安心して楽しく暮らせるよう、お手伝いさせていただきます (^^)

スタッフ情報を見る

トップへ戻る