軽井沢商事株式会社 > 軽井沢商事 株式会社のスタッフブログ記事一覧 > ウィンドウトリートメントとは?自宅がさらに心地よくなるアレンジ法

ウィンドウトリートメントとは?自宅がさらに心地よくなるアレンジ法

カテゴリ:暮らし方

ウィンドウトリートメントとは?自宅がさらに心地よくなるアレンジ法


「ウィンドウトリートメント」とは、窓の周りに施す演出やデザインを意味し、

カーテンやブラインドなどはこれにあたります。


遮光や遮熱、防音といった役割だけでなく、インテリアとして

部屋全体の雰囲気を好きにアレンジできるのが特徴です。


ライフスタイルや好み、用途に合わせて居心地のよい自宅を演出できるよう、

ウィンドウトリートメントの種類と選び方についてご紹介します ♪


弊社へのお問い合わせはこちら

ウィンドウトリートメントで自宅アレンジ!その種類とは


さまざまな種類があり、使用目的や部屋の雰囲気に

合わせて選ぶことができるのがウィンドウトリートメントです。


主な種類は以下の通りです。

●カーテン:布製で水平方向に開閉するタイプの、最もよく利用されるもの。

そのうちドレープカーテンは色も柄もバラエティに富んでいる。


●スクリーン:上下に巻き上げるタイプのもの。

ロールスクリーン、プリーツスクリーンなど形状がさまざま。


●シェード:チェーンを引いて生地をたたみ上げ、上下に開閉するもの。

プレーンシェード、シャープシェードなど裾の形状が違い、デザイン性を楽しめる。


●ブラインド:複数の横長の羽根でできており、その角度を変えることで
光と

視線の細かな調節が可能。アルミ製や木製など素材によっても雰囲気を変えられる。



また、これらを飾るタッセルやトリムといったアクセサリーも一緒に付けると、

さらにオリジナリティのある空間になります。


ウィンドウトリートメントで自宅アレンジ!用途ごとの選び方とは


次に、用途や雰囲気に合わせた選び方についてです。


リビングは家族がくつろぐ場でもあり、お客様を迎える場にもなります。
インテリアとの相性や部屋全体の統一感を意識しながら

ナチュラルなカラーを選ぶと雰囲気が崩れません。


子ども部屋は明るさを重視して調光ロールスクリーンや、

子どもの好きな色柄を選ぶと居心地のよい空間になります。

カーテンが汚れることを考慮するなら、洗濯機で洗えるタイプのものを選びましょう。


キッチンは、全体的な色を統一すると清潔感やまとまりが出ます。
ロールスクリーンにすると見た目がすっきりするのでおすすめです。
シンク周りなどの水場の近くには、水はねに強いブラインドがよいでしょう。

お風呂場や脱衣室には、キッチン同様水や湿気に強いブラインドが向いています。
調整で視線も遮ることができます。

寝室には遮光性や遮音性を重視して選び、

夏の日差しや冬の冷えを和らげることが大切です。

断熱性に特化したハニカムスクリーンや、

暖かみのある木製ブラインドがおすすめです。


玄関や廊下にある小さな窓にはシンプルかつ視線を防げる調光ロールスクリーンや、

コンパクトなローマンシェードを選びましょう。


まとめ


ウィンドウトリートメントの種類と選び方についてご紹介しました。


部屋の雰囲気やバランス、用途を考慮しながら、

自宅をより居心地のよいものにアレンジしてみてはいかがでしょうか (^^)



私たち軽井沢商事株式会社では、

軽井沢・御代田周辺の賃貸物件情報を多数取り揃えております。


お引越しを検討されていましたら、お気軽にお問い合わせください ☆


住まいをお探しの方はこちらをクリック↓


弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|賃貸物件でパソコン作業スペースを作りたい!方法をご紹介   記事一覧   不動産オーナーとして投資するときも火災保険には加入しないとならないのか?|次へ ≫

中山千恵 最新記事



中山千恵

皆様の軽井沢での生活が安心して楽しく暮らせるよう、お手伝いさせていただきます (^^)

スタッフ情報を見る

トップへ戻る