軽井沢商事株式会社 > 軽井沢商事 株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 賃貸物件の雪かきは誰がどこまでするの?外注はできる?

賃貸物件の雪かきは誰がどこまでするの?外注はできる?

カテゴリ:暮らし方

賃貸物件の雪かきはどこまで誰がするのか、契約書などに記載がないケースがあります。

 

豪雪地域でもなければ、事前に心づもりをしておかないと、不意の積雪でトラブルになりかねません。

 

賃貸物件の雪かきについて、誰がどこまでするのか、外注できるのかについてみていきましょう。

 

雪かき


 

賃貸物件の雪かきは誰がやる?どこまでするの?


 

賃貸物件の雪かきは、入居者が自発的に共用スペースまでするとよいでしょう。

 

契約書などに記載がなければ特段決まりがないので、自己判断で行動する必要があります。

 

誰かがしてくれると思って住民全員が放置していると、凍てついて道が滑りやすくなり危険です。

 

外部の廊下や階段などの共用スペースは、玄関先と一緒に除雪するのがおすすめです。

 

駐輪場や駐車場も同様で、誰かがしないと自転車や車を出せないので、生活に支障をきたします。

 

特に年配の方や女性にとっての除雪は重労働なので、力のある者が率先して除雪するよう心がけてくださいね。

 

屋内駐車場や管理人常駐の物件などでは、管理会社が雪かきしてくれる場合もあります。

 

しかし、除雪は管理会社の業務に入らなので、契約書に特別な記載がない限り、住民が自己判断によって雪かきすると認識しておきましょう。

 

管理会社やオーナーによって対応が異なるので、積雪の気になるエリアであれば、契約時に確認しておくと安心でしょう。

 

賃貸物件の雪かきは外注できる?どこまで負担するの?


 

賃貸物件の雪かきは外注できますが、管理会社やオーナーに相談してからにしましょう。

 

良心的なオーナーであれば、廊下やゴミ捨て場程度であれば除雪してくれる場合があります。

 

個人の除雪で追いつかないような大雪では、オーナーが業者に除雪を手配してくれるかもしれません。

 

その際の費用はオーナーしだいになるので、依頼すると同時に費用負担がどこまでになるのか確認を忘れないようにしましょう。

 

契約時に除雪についてきちんと目を通しておくことも大切ですよ。

 

雪が多いほど、はいた雪を集める場所などに注意点がでてくるので、無理せずに管理会社へ相談するようにしてくださいね。

 

まとめ


 

賃貸物件の雪かきは、誰がするのかも除雪範囲も、自己判断によるケースが多いです。

 

外注して業者へ依頼する方法もありますが、日常的に雪かきの必要なエリアであれば、当初より除雪への対策が決まっているでしょうから、大きな心配はないでしょう。

 

有事の際に助け会えるコミュニティーを築いておくと効果的なので、日頃からご近所さんと言葉を交わすなど、意識して生活することがおすすめです!


私たち軽井沢商事株式会社では、軽井沢・御代田周辺の賃貸物件情報を多数取り揃えております。

 

お引越しを検討されていましたら、お気軽にお問い合わせください

≪ 前へ|空室対策にインターネット無料を検討!費用や効果は?   記事一覧   管理会社の評判と対応が気になる!良い管理会社と悪い管理会社を見分け方|次へ ≫

土屋克子 最新記事



土屋克子

沢山の笑顔を作り出せるような仕事がしたいです!

スタッフ情報を見る

トップへ戻る