軽井沢商事株式会社 > 軽井沢商事 株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 寒さが厳しい軽井沢の冬を快適に過ごすために賃貸物件でできる寒さ対策!

寒さが厳しい軽井沢の冬を快適に過ごすために賃貸物件でできる寒さ対策!

カテゴリ:暮らし方

夏の避暑地として人気がある軽井沢ですが、標高が高いため、冬は寒さが厳しい地域です。

 

軽井沢の賃貸物件に住むなら、冬の寒さには万全に対策したいですね。

 

賃貸物件でも、ちょっとした工夫で部屋の寒さを改善できるので、ぜひ試してみましょう。

 

賃貸物件が寒い場合の寒さ対策を考えよう①窓周辺の対策

 

寒さが厳しい軽井沢の冬を快適に過ごすために賃貸物件でできる寒さ対策!


冬に室内が寒くなってしまうのは、窓やドアの隙間などから入り込む冷気と、部屋から暖かい空気が出ていってしまうことが原因です。

 

そのため、まずは窓周辺に下記の寒さ対策を行ないましょう。

 

窓周辺の寒さ対策①窓に断熱シートを貼る

 

梱包材などに使用されているプチプチシート(緩衝材)は、窓に貼ることでプチプチ内の空気が層の役割をしてくれ、断熱にもってこいです。

 

賃貸物件であれば、いずれ剥がすことも考慮に入れながら、窓枠も全て覆うように貼るのがポイントです。

 

プチプチの他にも、アルミシートや断熱シートなどが売られていますので、お部屋にあったシートを選びましょう。

 

窓周辺の寒さ対策②分厚いカーテンで断熱効果を上げる

 

カーテンを変えることも、窓周辺の寒さ対策として効果的です。

 

冬におすすめしたいのは、裾が長いもの・分厚いドレープカーテン・ハニカム系で空気を含む構造のブラインドなどです。

 

カーテンを変えるだけでも、窓からの冷気を大幅にシャットアウトしてくれるでしょう。

 

賃貸物件が寒い場合の寒さ対策を考えよう②床の冷たさ対策

 

空気は暖められると上部にいき、冷えると下部にたまる性質を持っています。

 

これをコールドドラフト現象といい、エアコンや電気ストーブなどで部屋を暖めても足元がずっと冷えていることがあるのは、この現象のせいなのです。

 

そのため、床は足元から伝わる冷たさをシャットアウトする方法がおすすめですよ。

 

床の冷たさ対策①ラグ・カーペットを敷く

 

すぐにできる対策としては、ラグやカーペットを敷く方法です。

 

テレビ前のソファ周辺や、ダイニングテーブル周辺など、部屋の中で過ごす時間が長い場所に重点的に敷いておくことで、足元にたまっている冷気を防ぐことができます。

 

床の冷たさ対策②コルクタイルを敷きつめる

 

コルクタイルの特徴は、熱伝導率が低いところにありますので、床に敷くことで床からの冷気を遮断してくれます。

 

さらに熱放射の効果があるので、タイル自体がひんやりしません。

 

また、コルクタイルを床に敷けば、部屋全体に暖かい空気が対流するのを促し、暖房効率が上がるのも大きな特徴です。

 

敷くだけで3つの効果が期待できるうえ、賃貸物件でも手軽に取り入れることができるのでおすすめですよ。

 

床の冷たさ対策③アルミシートや断熱シートを敷いておく

 

窓にも使えるアルミシートですが、ラグやカーペットの下に敷いておけば、さらに防寒効果が高まります。

 

まとめ

 

寒さが厳しい軽井沢の賃貸物件でも、こうした小さな工夫で室内の暖気を逃がさず、暖かい部屋で冬を過ごすことができます。

 

寒い冬を快適に過ごすことができれば、軽井沢の美しい冬も存分に楽しめるのではないでしょうか。


軽井沢、御代田周辺の賃貸物件をお探しの方は、軽井沢商事株式会社にお気軽にお問い合わせください。

≪ 前へ|軽井沢での冬の生活に役立つ賃貸のカビ・結露対策をご紹介!   記事一覧   軽井沢に必須雪対策グッズ6選!雪かきに必要なものは?|次へ ≫

土屋克子 最新記事



土屋克子

沢山の笑顔を作り出せるような仕事がしたいです!

スタッフ情報を見る

トップへ戻る