軽井沢商事株式会社 > 軽井沢商事 株式会社のスタッフブログ記事一覧 > アパートとマンション違いやそれぞれの特徴・向いている方を解説!

アパートとマンション違いやそれぞれの特徴・向いている方を解説!

カテゴリ:お部屋探し

アパートとマンション違いやそれぞれの特徴・向いている方を解説!

住宅街を歩いていると必ず目にするアパートやマンション。
普段何気なく見ている建物ですが、双方の違いをご存じですか?
この記事ではアパートとマンションの違いや、それぞれがもつメリットとデメリットを解説します。
現在お部屋探しをしている方、アパートとマンションのどちらにするかお悩みの方はぜひ参考にご覧ください。

アパートとマンションの違いとは?

アパートとマンションの違いとは?

不動産ポータルサイトを見ていると、物件種別にアパート、マンション、一戸建てなどの項目があります。
ここで気になるのが、アパートとマンションの違いではないでしょうか。
人それぞれでなんとなく、アパートとマンションの違いについてイメージはあるかもしれませんが、実はアパートとマンションの違いについて明確な定義はありません。
アパートやマンションというのはあくまでも呼び方の1つであり、宅地建物取引業法などではどちらも「共同住宅」として扱われています。

不動産会社や大家さんの判断で決まる

それでは、現在アパートやマンションとして貸し出している物件は、どのようにして区別されているのでしょうか?
一般的には、不動産会社や大家さんの判断によって決まります。
どのように判断するのかというと「建物の構造」で区別することが多いです。
ほとんどの場合、木造・軽量鉄骨造はアパート、鉄骨造・鉄筋コンクリート造はマンションとして区別されます。
そのほか、2階建てかそれ以上かで判断しているケースもあります。
おもに2階建てなど低層の集合住宅をアパート、3階建て以上の集合住宅をマンションと区別することが多いです。
とはいえ明確なルールはないため、低層の集合住宅でもマンションとして貸し出している物件もあります。
もしも、構造にこだわりたい場合には、物件の概要欄にある「構造」の項目までチェックするようにしましょう。

アパートとマンション双方の特徴をご紹介

アパートとマンション双方の特徴をご紹介

続いてアパートとマンションそれぞれの特徴をご紹介します。
なお、ここでいうアパートは「2階建ての建物(木造または軽量鉄骨造)」、マンションは「3階建て以上の建物(鉄筋コンクリート造や鉄骨造)」とします。

アパートの特徴

アパートは通気性が良く、カビが発生しにくい、家賃が安いなどの特徴があります。
まずはアパートのメリットから確認してみましょう。
メリット1:家賃が安い
アパートはマンションに比べて建築コストがかからないため、家賃が安いというメリットがあります。
家賃が低ければ毎月の負担を減らせるほか、初期費用も抑えられます。
たとえば、部屋を借りる際に発生する初期費用の敷金や礼金は、家賃1か月分としていることが多いです。
家賃が安ければそのぶん初期費用も安くなるため、引っ越しや旧居の退去費用にあてられます。
メリット2:通気性が良い
木造は通気性に優れています。
通気性が良いと外と中の温度差が小さくなるため、結露が発生しにくいです。
また木材には調湿機能があり、室内の湿度を快適に保つ効果があります。
湿度が適切に保たれているとカビの発生も抑えられるため、衣類や家具が汚れる心配もありません。
コンクリート造のマンションに比べると、梅雨時でもジメジメせず快適に過ごせるでしょう。
以上がアパートのメリットですが、一方でデメリットもあります。
木造は鉄筋コンクリート造に比べると防音性が低く、隣や上からの生活音に悩まされることも少なくありません。
とはいえ、最近では間取りや使用する建材を工夫して、防音性を高めている物件も多くなっています。
音漏れが気になる方は、内見時に隣の方の声がどれほど聞こえるのか確認しておくと安心です。

マンションの特徴

マンションは耐震性や防音性が高い、設備が充実しているなどの特徴があります。
マンションのメリットは以下のとおりです。
メリット1:防音性が高い
鉄筋コンクリート造は機密性が高く、防音性に優れているというメリットがあります。
アパートと比べて音漏れしにくいため、隣や上からの生活音にストレスを感じることは少ないでしょう。
また、騒音が原因で起こる住民トラブルを防ぐ効果もあります。
静かに暮らしたい方、お子さんがいるご家庭などはアパートよりもマンションのほうが良いかもしれません。
メリット2:耐震性に優れている
鉄筋コンクリート造は耐震性が高く、地震に強いという点もメリットです。
地震が多い日本において、耐震性の高さは大きなメリットになるでしょう。
木造に比べて倒壊の危険性も低く、万が一のときにも安心感があります。
メリット3:設備が充実している
マンションはアパートに比べて設備が充実しているという特徴があります。
マンションでよく見かけるオートロックや防犯カメラは、木造アパートではあまり見かけません。
なかには管理人が常駐しているマンションもあり、セキュリティ面でも安心感があるでしょう。
このように多くのメリットをもつマンションですが、一方で「家賃が高い」というデメリットもあります。
鉄筋コンクリート造は木造と比べて建築コストが高く、設備が充実していることからどうしても家賃が高くなってしまうのです。
また、内装や設備が豪華であればあるほど原状回復費用も高くなります。

アパートとマンションそれぞれに向いている方とは?

アパートとマンションそれぞれに向いている方とは?

アパートとマンションではどちらが向いているんだろう?とお悩みの方もいるのではないでしょうか。
ここでは、アパートとマンションそれぞれに向いている方の特徴をご紹介します。

アパートが向いている方

以下の特徴に当てはまる方は、アパートよりもマンションのほうが向いているでしょう。

●できる限り家賃を抑えたい
●積極的に近所つき合いがしたい
●設備にこだわりがない


アパートはマンションよりも家賃が安い傾向にあります。
新社会人や転職したばかりなどで収入が安定していない方は、マンションよりもアパートを選んだほうが良いでしょう。
またアパートはマンションに比べて総戸数が少なく、近所つき合いがより親密になりやすいという特徴があります。
程良い距離感で上手に近所つき合いをしておけば、住民トラブルを防げるほか防犯・防災にも繋がるかもしれません。

マンションが向いている方

一方、マンションが向いているのは以下の特徴に当てはまる方です。

●近所つき合いは最低限にしたい
●設備にこだわりたい
●防犯性の高い物件に住みたい


マンションはアパートに比べて総戸数が多く、近所つき合いが気薄になりやすいです。
住民とのつき合いは挨拶をする程度で良いとお考えの方はマンションを選ぶと良いでしょう。
また、マンションはアパートよりも設備が充実しているため、より快適に暮らしたい方にもおすすめです。
オートロックや防犯カメラつきの物件を選べば、防犯性を重視する方も安心して生活できるでしょう。

自分に合った物件を見つけるには

ここまでアパートとマンションの違いや特徴を解説してきましたが、理想の物件を見つけるには条件設定を明確にすることが大切です。
アパートであっても最新の防犯設備を導入してセキュリティが高い物件もあれば、住民同士の交流が多いマンションもあります。
自分に合った物件を見つけるには、はじめにアパート・マンションで区切るのではなく、譲れない点と妥協点を明確にしてからお部屋探しをするのがおすすめです。
賃貸物件サイトの「こだわり条件」も活用して、複数の物件を見比べながら理想的なお部屋を探してみてください。

まとめ

アパートとマンションの違いやそれぞれの特徴・向いている方を解説しました。
一般的には「2階建て・木造または軽量鉄骨造」の建物をアパート、「3階建て以上・鉄筋コンクリート造や鉄骨造」の建物をマンションとすることが多いです。
現在お部屋探しをしていて自分がどちらに向いているのかお悩みの方は、弊社までお気軽にご相談ください。


≪ 前へ|賃貸借契約における重要事項説明とは?確認するポイントについて解説   記事一覧   【軽井沢の賃貸経営】ルームツアーで設備紹介第一弾!(収納・アクセントクロス・トイレ)|次へ ≫

トップへ戻る