軽井沢商事株式会社 > 軽井沢商事 株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 体験レジャーや楽しみ方満載!軽井沢町にある軽井沢タリアセンとは?

体験レジャーや楽しみ方満載!軽井沢町にある軽井沢タリアセンとは?

カテゴリ:暮らし方

体験レジャーや楽しみ方満載!軽井沢町にある軽井沢タリアセンとは?

軽井沢町へのお引っ越しを考えた際、レジャーや遊びを楽しめるスポットの有無は気になるポイントです。
軽井沢町にはさまざまな人気スポットがあり、そのなかのひとつに「軽井沢タリアセン」があります。
今回は、軽井沢タリアセンの概要や楽しみ方、体験レジャーについて解説します。

軽井沢町にある軽井沢タリアセンの概要

軽井沢町にある軽井沢タリアセンの概要

まずは、軽井沢タリアセンの概要について解説します。

概要1:総合的リゾート施設

軽井沢タリアセンとは、美術館や遊戯施設、レストラン、ショップなどが集まった総合的リゾート施設です。
軽井沢町の南に位置する塩沢湖を中心とし、四季折々の自然を楽しむこともできます。
タリアセンは直訳すると、ウェールズ語で「輝ける額」という意味です。
もともとの語源はケルト神話に由来する「知恵者」となっており、芸術をつかさどる妖精「タリエシン」から名づけられたといわれています。

概要2:おすすめの方とは?

さまざまな年齢層の方が楽しめる、魅力いっぱいの軽井沢タリアセンですが、そのなかでも、とくに人気があるのはファミリーやペット連れの方などです。
軽井沢タリアセンの敷地は広いため、お子さまやペットと一緒にのびのびと過ごすことができます。
多彩なアクティビティや食事をできるスポットもあり、幅広い楽しみ方ができるため、人もペットもストレスなく過ごせるのが魅力的です。
また、敷地内にはいくつかの美術館や歴史的建築があるので、アートスポットがお好きな方にもおすすめでしょう。
自然豊かなスポットのため、ウエディングフォトにもぴったりの場所で、とくに紅葉シーズンには赤い木々の中で映える、白いウエディングドレスの写真が撮れます。

概要3:季節ごとの特徴

軽井沢タリアセンには、季節ごとの特徴があります。
春にはさまざまな植物が芽を出し、綺麗な花を咲かせます。
4 月〜5 月にかけてヤマザクラが満開となり、少し遅めの春の訪れを感じることができるでしょう。
また、軽井沢で採れる季節の食材を使ったレストラン「ソネット」では、旬の軽井沢を楽しむことが可能です。
夏は爽やかで過ごしやすく、心地良い暑さで夏を過ごせます。
6月〜9月には、約200種1,800株のイングリッシュローズが咲き誇り、ロマンティックなひとときを楽しめます。
木々が多いため、カブトムシなどたくさんの昆虫にも出会うことができるでしょう。
秋には紅葉が進み、10 月中旬には見ごろを迎えます。
浅間山頂上付近では、雪で白く色づき、冬の訪れを感じられ、春や秋とは違った澄んだ空気のなかで過ごすことが可能です。
暖炉の前で、オリジナルコーヒーを楽しむのも素敵です。

概要:アクセス情報

軽井沢タリアセンへは最寄り駅から距離があるため、公共交通機関を利用する際はタクシーの利用がおすすめです。

●所在地:長野県北佐久郡軽井沢町大字長倉217
●アクセス方法:JR長野新幹線・しなの鉄道「軽井沢」駅、またはしなの鉄道「中軽井沢」駅より、タクシーで約10分
●駐車場:あり180台(有料)
●開園時間:午前9時~午後5時 (12月と1月は午前10時~午後4時)


広々とした駐車場が完備されているので、車での来園も便利です。
園内の各美術館は、休館日が異なるため、事前にホームページで確認して行くことをおすすめします。

軽井沢タリアセンの楽しみ方

軽井沢タリアセンの楽しみ方

続いて、軽井沢タリアセンの楽しみ方について解説します。

ペイネ美術館の楽しみ方

軽井沢タリアセンの敷地内には、数多くの歴史的建造物が移築されています。
そのなかのひとつが、軽井沢の貴重な文化遺産のひとつであるペイネ美術館です。
建物は国の重要文化財に指定されており、世界中で親しまれているフランスの画家「レイモン・ペイネ」の原画やリトグラフ、愛用の画材などが展示されています。
お好きな楽しみ方でコレクションを鑑賞なさってください。

軽井沢高原文庫の楽しみ方

日本のなかの西洋であった軽井沢は、高原の避暑地や別荘地として、数多くの作家や詩人たちに愛されてきました。
同時に、数多くの文学作品の舞台にもなっています。
軽井沢高原文庫は、軽井沢の豊かな文学世界を体験してもらうため、昭和60年8月に開館しました。
軽井沢町を舞台とした詩などの作品が展示されているので、軽井沢ゆかりの文学者たちの歴史を楽しむことが可能です。
展示会やイベントなど、さまざまな楽しみ方ができる文学館となっています。

庭園(イングリッシュローズ・ガーデン)の楽しみ方

軽井沢タリアセンには、約200種1,800株のイングリッシュローズが咲き誇る、庭園(イングリッシュローズ・ガーデン)もあります。
イングリッシュローズとは、オールド、モダン、ハイブリッド・ティ、フロリバンダとの交配によってつくり出されたバラです。
比較的新しい品種で、豊かな芳香にくわえて、多彩な色と夏季咲き性を持ち合わせています。
英国の育種家デビッド・オースチンによりつくり出された、イングリッシュローズを中心に、国内ではまだ珍しいバラたちを楽しめるのが魅力です。

軽井沢タリアセンの体験レジャー

軽井沢タリアセンの体験レジャー

最後に、軽井沢タリアセンの体験レジャーについて解説します。

体験レジャー1:ボート

軽井沢町にある、軽井沢タリアセンの体験レジャーとしてまず挙げられるのが、塩沢湖で遊べるボートです。
塩沢湖は軽井沢で唯一、ボート遊びができるスポットとなっており、のんびりとした時間を過ごすことができます。
湖の周辺は緑豊かな自然に恵まれ、山野草や野鳥の鳴き声などに心が癒されるでしょう。
ボートは手漕ぎ、ペダル、自転車タイプのアメンボが揃っています。

体験レジャー2:ファミリーゴルフ

軽井沢タリアセンでは、ゴルフ好きはもちろん、初心者やちびっ子も大歓迎のゴルフコースも備わっています。
全18ホールの多彩なコースがあり、パターゴルフコースのため、ファミリーで利用することが可能です。
ゴルフ未経験の方でも楽しめるので、ぜひ家族みんなで挑戦してみてはいかがでしょうか。

体験レジャー3:ゴーカート

軽井沢タリアセンで体験レジャーを楽しむなら、ゴーカートも外せません。
湖畔を巡り、木々のあいだを疾走する1周約500mの、本格的なゴーカートコースが用意されています。
1人乗りと2人乗りが用意されているので、親子やカップルで乗ることも可能です。
所要時間は2分~4分となっています。

体験レジャー4:サイクルモノレール

サイクルモノレールとは、敷地内に設置されたレールのうえを、自転車で空中散歩する遊具のひとつです。
軽井沢町にある軽井沢タリアセンのサイクルモノレールは1周約400mとなっており、空上から綺麗な景色や大自然を眺望することができます。
自分の足でペダルを漕ぐため、好きなペースで進めるのが魅力です。
小さなお子さまでも安心して楽しむことができるでしょう。

そのほかのレジャー

軽井沢タリアセンには、体験レジャーのほかにも、お子さまが喜ぶようなスポットが多くあります。
広場やバッテリーカー、アーチェリーやテニスなど、自然のなかで楽しめる遊びが満載です。
小さなお子さまでも利用できるため、お子さまの年齢層問わず思い出がつくれます。

まとめ

軽井沢タリアセンとは、美術館や遊戯施設、レストランやショップなどが集まった総合的リゾート施設です。
ペイネ美術館やイングリッシュローズ・ガーデンなど、さまざまなスポットで楽しむことができます。
ボートやファミリーゴルフ、ゴーカートなど、多彩な体験レジャーも楽しめるので、軽井沢町にお引っ越しをした際は家族みんなでぜひ足を運んでみてください。


≪ 前へ|自然保育の幼稚園!軽井沢町にある「森のようちえん ぴっぴ」の魅力とは?   記事一覧   【軽井沢の賃貸経営】ホームステージングって知ってる?~賃貸オーナー様へ~|次へ ≫

トップへ戻る