軽井沢商事株式会社 > 軽井沢商事 株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 賃貸物件の内見を上手におこなう方法とは?

賃貸物件の内見を上手におこなう方法とは?

カテゴリ:お部屋探し

賃貸物件の内見を上手におこなう方法とは?

賃貸物件で快適に暮らすためには、事前にどのような物件なのか、しっかりと確認しておくことが大切です。
内見は実際に物件を確認できる大切な機会となるため、十分な準備をおこなってから臨むことをおすすめします。
そこで今回は、賃貸物件をご検討中の方に向けて、内見についてご紹介します。
賃貸物件の内見の際におすすめの持ち物や適切な時間帯、確認しておきたいポイントを把握し、ぜひ今後のご参考にしてみてください。

賃貸物件における内見の際に準備したい持ち物とは?

賃貸物件における内見の際に準備したい持ち物とは?

内見では基本的に何件かの賃貸物件を見て回るため、1件あたりの見学時間が限られてしまいます。
このような状況で効率的に内見を進めるためには、引っ越し前の慌ただしい時期ですが、持ち物にも注目しておきたいものです。
以下では、賃貸物件の内見の際に準備したい持ち物についてご紹介します。

図面

基本的には不動産会社が図面を用意することが一般的ですが、事前に拡大コピーなどをして準備しておくと、見やすくて安心です。
内見の際は、図面を手に収納やドアの位置、向き、設備の高さや幅、部屋の広さなどを確認しましょう。
気付いた点や計測した数値はメモしておくと、あとで見直しができます。
スムーズな記入ができるように、図面と一緒に筆記用具やバインダーも持参することがおすすめです。
拡大コピーをすることで、細かい数値の記入がしやすくなるメリットもあります。
なお、不動産会社から図面を事前に受け取っている場合は、とくに持参することを忘れないように注意しましょう。

スマートフォン

スマートフォンはカメラの代わりになり、動画の撮影も可能です。
言葉で表現が難しいケースでも、写真や動画なら状況を迅速に思い出すことができるでしょう。
また、ライトの代わりとしても利用できます。
賃貸物件のなかには、電気が通っていない場所もあるため、暗くて見えにくい場所がある可能性があります。
しかし、スマートフォンのライトがあれば、そのような場合でもスムーズに内見がおこなえるでしょう。
さらに、方位磁石や水平器のアプリを事前にインストールしておけば、日当たりや物件の傾きなどを確認することができます。
1台で複数の機能が使えるため、内見の際には必ず持参することをおすすめします。
ただし、充電不足や容量不足には注意が必要です。
事前に確認して、スムーズに使用できるようにしておきましょう。

メジャー

メジャーは各スペースの寸法やカーテンレールなどを測定するために必要です。
3m以上の長さの金属製メジャーがあれば、測定が容易でおすすめです。
寸法の測定は家具や家電の配置を決定する上でも重要な作業なので、忘れずに持参しましょう。
事前に家具を選定している場合は、家具の寸法も持参しておくと使い勝手がイメージしやすくなります。

賃貸物件における内見の適切な時間帯

賃貸物件における内見の適切な時間帯

賃貸物件の内見が可能な時間帯は、基本的に不動産会社が営業している10時から18時頃です。
内見をおこなう際は、このなかでもそれぞれのライフスタイルに合わせた時間帯にすると入居後のイメージの相違が起こりにくくなります。
以下では、賃貸物件の内見の適切な時間帯についてご紹介します。

内見にかかる時間はどのくらい?

そもそも、賃貸物件の内見1件にかかる時間は、移動時間も含めて1時間程度です。
とくに気に入った賃貸物件があれば、寸法の測定などでさらに多くの時間がかかる可能性があります。
1日で物理的には6件から7件ほど見て回れる計算ですが、実際には3件程度が一般的です。
したがって、気になる賃貸物件が多い方は、数日に分けて内見をおこなうケースもあります。

適切な時間帯に内見するための注意点

賃貸物件の内見をおこなう際は、事前に不動産会社に連絡し、見学日時を設定します。
飛び込みでの内見も可能ですが、不動産会社に物件の鍵がなかったり、担当者が不在だったりすると見学できない可能性もあるため、注意が必要です。
不動産会社は基本的に水曜日を定休日としていますので、事前の確認が必要です。
土曜日や日曜日は内見希望者が多いため、ゆっくり見学できない可能性があります。
しっかりと物件を見たい方は、休みを調整して平日に内見をおこなうことも検討しておくと良いでしょう。

内見するならどの時間帯が良い?

内見する時間帯は、それぞれのライフスタイルによって異なります。
たとえば、ファミリーや同棲されるカップルの方は、休日の昼に内見することをおすすめします。
ファミリーなら休日昼の時間帯における周辺の公園や広場での人の多さや利用状況、カップルなら上下左右の部屋の生活音を確認できるためです。
同じような世帯であれば状況が似ているため、ファミリーは子どもが走る音などに寛容に対応してもらえたり、カップルは静かに暮らしやすかったりするでしょう。
一方、社会人や学生さんの1人暮らしなら平日の夜の内見がおすすめです。
治安の良さや入居者の生活音などを確認できます。
とくに女性の1人暮らしの場合は、帰宅ルートを中心に暗い場所がないかなど、注視しておきましょう。
また、平日の朝は通勤・通学路の状況などを確認するためにあらゆる方におすすめの時間帯です。
基本的には入居者が賃貸物件で長時間を過ごす時間帯に内見することを考え、営業時間外の場合は見学できないか相談し、難しければ周辺の確認だけでもおこなうと良いでしょう。

賃貸物件の内見で確認しておきたいポイントは?

賃貸物件の内見で確認しておきたいポイントは?

賃貸物件の内見では、確認しておいたほうが良いポイントがあります。
これを押さえておけば、効率的に内見を進めることが可能です。
引っ越しのあとに暮らしにくさを感じないようしっかりと把握しておきましょう。
以下では、賃貸物件の内見でとくに確認しておきたい3つのポイントについてご紹介します。

ポイント①防音性

日常生活のなかで多くの方が気になるポイントの1つが騒音です。
住み始めてから予想外の騒音に悩まされないように、内見の際には実際の壁に耳を当てて隣の音を確認することがおすすめです。
また、どのような入居者が多いのかを尋ね、ライフスタイルを確認することも有益でしょう。
ライフスタイルが似ている入居者が多い場合、活動時間が同じになり騒音が気になりにくくなります。

ポイント②水圧

水回りの水圧はストレスの原因になりがちです。
とくにリラックスするために利用する浴室のシャワーの水圧はしっかり確認しておくことをおすすめします。
もしシャワーの水圧が弱く、解消が難しい場合は、水圧を強めるシャワーヘッドの利用などを検討しましょう。
同時に、シャワーの確認と合わせてトイレの水も流しておくと安心です。
一定の水量を保てないと、水が少なすぎるとニオイの原因になり、逆に多すぎると水はねの心配が出てきます。

ポイント③コンセント

コンセントの位置や数は重要なチェックポイントです。
家具や家電の配置に関与するため、実際の使用場面を想像しておくと、入居後に生活がしやすくなります。
見落としがちなのが、コンセントの高さです。
高い位置にあるとケーブルが目立ち、見た目に悪影響を与えます。
気になる方は、目隠しカバーなどを用意する必要があります。

まとめ

賃貸物件の内見では、事前に必要な持ち物や情報の準備をしておくことが大切です。
また、それぞれのライフスタイルに合わせた時間帯に内見することによって入居後の暮らしやすさにつながります。
チェックポイントを押さえて効率良く内見し、希望に合った賃貸物件に巡り合えると良いですね。


≪ 前へ|賃貸借契約における必要書類は?事前に準備してスムーズに手続きしよう!   記事一覧   【軽井沢の賃貸経営】入居を決める裏側に、こんな努力が・・・~賃貸オーナー様へ~|次へ ≫

トップへ戻る